動画

~マイケルのメッセージ本文~
子どもたちの皆さん、こんばんは。そして、メリークリスマス!
音楽を作る時、僕がいつも願ってる事があります。
それは、僕の音楽が多くの人に喜びを与えられたら良いなということです。
もしそうなれば、僕は幸せです。
誰かに喜びを与えることで、人は幸せになれるのです。
残念なことに世界には幸せでない子どもたちが大勢います。
ここドイツにも他の国にもです。

クリスマスはそんな子どもたちにとって、特別につらいものです。
なぜなら、クリスマスこそ
自分がもたないものに気付く時だからです。

ある子どもたちにとって、それはささやかなプレゼントだったり
あたたかな食べ物だったり、家族だったりするでしょう。
ある子どもたちにとっては、ほんの少しの愛かもしれません。

だからこそ、君たちの助けが必要なのです。

僕と一緒にどうか、そんな子どもたちを助けて欲しいのです。
ひとりぼっちで寂しい想いをしている子どもたちの元へ行き
どうか彼らに「君はひとりじゃないよ」と言ってください。

今年はただ僕ひとりが、君たちドイツの子どもたちにこうして話して
ほんの少しだけ贈り物をしていますが、もし君たちの助けがあれば、僕らみんなで、もっと多くの国の子どもたちのために同じ事ができるようになります。

僕たちみんなで話をし、一緒に歌ったり一緒に贈り物をしたりできるようになります。どうか、この事を大きく考えてください。僕たちと一緒に頑張ってくれる人をたくさん見つけよう。ここヨーロッパ全体で、そして世界中全ての場所で。僕らならできる。必ずできるんだ。

そして、おとなの皆さんに言いたいことがあります。
私たちおとなにとって大切なことはたくさんあって、時々大切なのは自分たちだと考えてしまいますが、私たちおとななど大切ではありません。
私たちの子どもたち以上に大切なものなど何もないのです。

世界を癒すのは彼らなのです。子どもたちを支えるのは私たちおとなの責務です。彼らに良いアドバイスをし、励まし、助け、愛してください。
子どもたちが夢に向かって進めるように、勇気づけてください。

そして、親として、友人として、親しい者として、彼らが良い夢を描けるように手助けをしてください。

新しい年を、僕はとても楽しみにしています。君たち子どもたちと一緒に、他の子どもたちを助けるための運動ができる事を、僕は君たちに約束します。
君たちが一緒にここに来てくれたら、良い気分になってとても楽しいクリスマスが過ごせることを

メリークリスマス

僕は心の底から君たちの事が大好きです。
メリークリスマス
本当にありがとう。